セパレートミラータイプドラレコGPS 2.7インチ 12V/24V コムテック CSD-630FH-ドライブレコーダー

クーポンで500円OFF!1/11 14:59迄★RSR Ti2000 DOWN ホンダ インスパイア CP3/リア用/H143TDR

セパレートミラータイプドラレコGPS 2.7インチ 12V/24V


■仕様 ・ 機能表

●電源電圧 12V/24V
●平均消費電流 350mA以下/駐車監視モード中300mA以下
●作動温度範囲 -10℃~60℃
カメラ 撮像素子
1/3型 CMOSセンサー
総画素数 120万画素
●有効画素数 最大100万画素
レンズ画角 水平102° 垂直73°(対角138°)
F値 F1.8
レンズ材質 ガラス
最低照度 2LUX
●記録映像サイズ HD(1280×720)
SD(640×360)
GPS あり
Gセンサー あり(0.1G~1.0G:0.1G単位で設定可)
●記録方式 常時録画/イベント録画
/マニュアル録画(手動録画)/駐車監視録画
録画ファイル構成 約120MB単位
音声録音 ON/OFF可
フレームレート 10fps/20fps/30fps※駐車監視モード時は5fps固定
映像ファイル形式 AVI(MJPEG)※ビューワソフトにてAVIに出力
記録映像再生方法 ◯専用ビューワソフト※Windows7/8.1/10専用
◯ビデオ出力(別売:AVケーブル VC-100)
◯本体液晶
●記録媒体 microSDHCカード(付属:8GB/class10)
※4GB~32GB対応 class10以上推奨
液晶サイズ/液晶解像度 2.7インチフルカラーTFT液晶/320×240
●本体サイズ 300(W)×80(H)×20.6(D)/mm 突起部除く
●本体重量 337g
●カメラユニットサイズ 29(W)×37(H)×34.8(D)/mm
取付ステー装着時:29(W)×44(H)×40.8(D)/mm
(取付ステー水平時)
●カメラユニット重量 45g(ケーブル含む)

ミラータイプドライブレコーダー
★安心の日本製★

■駐車監視モード搭載!
最大12時間記録可能!
駐車監視モードで、エンジンOFFでも設定した時間の間、映像の記録を続けます。

※設定動作時間内でも、車両バッテリー電圧が設定した電圧を下回ると自動で動作を停止し、車両バッテリーを保護します。

※駐車監視モード中に衝撃を検出した場合、録画データが上書きされないように、検出した時点より5分後に駐車監視モードを終了します。(終了しないように設定することもできます)

※記録上限に達した場合、古い映像から自動で上書きされます。

■小型カメラで取付け自由!
ミラーとカメラ部が分かれているため、衝撃でミラーがズレても映像をより確実に記録できます。また取付場所の制限が厳しい衝突被害軽減ブレーキシステム搭載車へ取付けする際も、影響を与えない位置へ取付けできるためオススメです。

■いざ!というときを逃さない! 3つの安心録画機能!

●常時録画
エンジンONからOFFまでの映像を記録します。
※録画サイズおよびフレームレートの設定により記録時間は異なります。
※記録上限に達した場合、古い映像から自動で上書きされます。

●衝撃録画(Gセンサー)
衝撃を検出した場合、自動的に衝撃録画データとして記録されます。
※衝撃を検出した時点のファイルを衝撃録画データとして記録します。
※初期設定では記録上限に達した場合、古い映像から自動で上書きされます。

●マニュアル録画
スイッチを押すことで任意のタイミングで映像を記録することができます。
※スイッチを押した時点のファイルをマニュアル録画データとして記録します。
※初期設定では記録上限に達した場合、古い映像から自動で上書きされます。

■大切な映像をダブルで守る!!
●microSDHCカードチェック機能(撮り逃し防止!)
多くのドライブレコーダーではSDカードが破損していても通常通り起動してしまい映像を記録できていないことがあります。本製品では起動時にmicroSDHCカードをチェックし、カードが破損していた場合は液晶表示で異常をお知らせするため、撮り逃しを防止できます。
●緊急録画停止機能搭載
事故等の大きな衝撃を受けた際、録画を自動で停止します。これにより重要な映像を上書きすることがありません。※衝撃検出感度はOFFを含め11段階に調整できます。


※こちらの商品はお取り寄せ商品です。
発送までに1~3週間ほどお時間をいただく場合があります。

【RSR】 アルトワークス 等にお勧め Ti2000 ハーフダウン ダウンサス リア用左右2本セット RS☆R アールエスアール ローダウン HALF DOWN 型式等:HA36S 品番:S022THDR

この連載では,いま多くの開発者に使われている言語を取り上げ,環境構築を「あとはコードを書くだけ」にするために必要な事柄をわかりやすく紹介します。